ドイツのシアーカーテンADO?

2017年08月03日

20170725_18255920170725_181942

最近入荷致しましたドイツのメーカーADOシリーズのシアーカーテン、早速ご注文いただきましたので写真をアップいたしまた。

こちらのシアーファブリックはBlumenwiese8128/853を2倍ヒダで仕立てた仕様になっております。

ADO?あまり聞かないメーカーなのでちょっと商品の特徴と仕様のお話もさせていただきます。

このメーカーはドイツでは知らない人がほぼいないメーカーです。デザインはシアーを中心とした現代的で軽やかなものが特徴で光との調和を意識した明るい色合いと透明感は、美しい窓辺を演出してくれます。他にも総刺繍、エバ柄などのデザインもあり流行の北欧スタイルからモダン、トラディショナルなど多彩なインテリアスタイルに対応できるデザインが揃っているのも特徴です。

仕様特徴として他メーカーにはあまり感じられない裾に程良い重さを付けているところです。この重さがレールからストーン落ちる姿とカーテンの仕上がりをよりグレードアップさせます。

これはADOのロゴにあるgoldkante「金の端(エッジ)という意味」で生地の裾に入っているウェイトテープに秘密があるそうです。

下記の写真のように金色のテープが巻かれています。

!cid_image001_jpg@01D30C77

こちらがトレードマークとなっておりADOのアイデンティティーになっているそうです。

流石、品質に拘るドイツのメーカーですね。

デザイン、仕上がりが譲れない方、ADO?おすすめです。

千代田区のK様 ありがとうございました。担当 佐野

 

LINEで送る

«

»

施工例一覧へ戻る