バランス(上飾り)はやはりバランスが大事?

今回は、バランス(上飾り)デザインのお話です。









添付させていただきました写真は、以前、個別にご紹介させていただきました施工写真です。

この写真のスタイルは皆様もよく目にされる基本的な主流のスタイルですが、まだまだ無数の基本形の様なデザインが有り、それにバリエーションや独創的なデザインを加えると数え切れないスタイルになります。

バランスのデザインはインテリアの一部なので、お部屋全体から見たバランスが重要だと思います。

お部屋のスペースの中で、窓の並び、窓の大きさ、取り付け場所のスペースや形状などに対して、大きさやデザインのバランスが合っていないとせっかくのスタイルがだいなしになってしまうからです。

それに生地の特性よって、デザインに対し向き不向きがありますので生地の見極めも重要です。

例えば、写真のスワッグバランスですが、お客様とのお打合せでスワッグバランス部分を窓に掛からない様にして、なおかつスワッグ綺麗出したいと、お話になり、窓幅、高さ、窓枠上から天井までのスペースを考慮し、この3スワッグカスケードスタイルに決まりました。

窓幅が広くなればそれに合わせ一個カスケードを増やせば打合せで決まったイメージの条件になります。

あくまでもお客様のイメージが大優先なのでこのスタイルが絶対ではありませんが基本はお部屋全体のバランスです。

やはりこの様なスタイルカーテンをお求めになられるなら経験豊富なプロシヨップにご相談いただきたいものです。

LINEで送る

«

»

施工例一覧へ戻る